天国の美声と地上のアハアハ

ちょっと前にMETオペラ"Manon"を観てきました。

manon.jpg

オペラは本当に久しぶりで、最後は何時だったろう。譲り受けたチケットなのであまり期待しないで行ったのですが、驚いた!

主演:Vittorio Grigolo、Diana Damrau


マノン・レスコーというプッチーニのほぼ同じようなオペラがあるそうなのですが、こちらはマスネのオペラのマノンだそうです。
マノンというお騒がせな絶世の美少女と、彼女を取り巻く男達の奪い合いや嫉妬でドロドロの愛憎劇です。

私はオペラはよくわからないのですが、男性テノールのグレゴーロさん(Vittorio Grigolo)がとても良かった。なんというかシスティーナ礼拝堂の天井画を見た時と同じ感動だった。つまり天国を垣間みたような恍惚と鳥肌。美声というより天国だった。今ちょうどグリゴーロさんは東京オペラシティコンサートホールでリサイタル中なので東京で会えるようですよ。5日のリサイタルは終わってしまったので、あとは10日だけのようですが、行けるならぜひぜひって感じです。
東京オペラシティ

ただとても良かったのに、直前にオイスターバーで生牡蠣とシャンパンを欲張り過ぎて、実は体調がイマイチでした。ドレスもきつめだったし、慣れないことでせっかくの素晴らしい公演を半減させてしまった。

***

そしてまたフィラデルフィアに行っていて、近くのカジノのコンサートホールにKC & サンシャインバンドが来ていたので見て来ました。

ザッツ・ザ・ウェイ・アハ・アハ♩の人です。


ディスコソングと言うのか、ヒット曲がたくさんあって知ってる曲ばかりで楽しかったんだけど凄かった。違う意味で。

まずヴォーカルの人が、年取ったのは仕方ないとしても、髪後退+えらい太っちゃってて別人だった。

DSC0443.jpg

で、コンサート会場も、ホールというより宴会場。カジノの特設大広間に椅子をならべました、みたいな(ここで5月はHeartもやるんだって・・)。コテコテのミラーボールと、何度も着替えるコスプレ系バックコーラス。

でもこれ、B級な感じをむしろ楽しもうみたいなノリで、みんな踊りまくりですっごい盛り上がってた。年くっても太ってもセクシーでいくぜえ!みたいな。舞台と客席がすぐなのでお触りもあったし、いやあすごいもの見たわ。


関連記事

Trackback

URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/964-04d5a5c8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii