219冊目 The Sociopath Next Door あなたの隣のサイコパス

Unknown_20150421111446a93.jpeg

たまたまブックブログで取り上げられていて興味を持った本です。
アメリカ人の25人に一人はソシオパス(サイコパス)だそうです。ソシオパス(サイコパス)といっても、みんながみんなシリアルキラーと呼ばれる凶悪殺人鬼であるわけではない。しかし凶悪犯ではないサイコパスもまた良心(Conscience)がなく、平気で人を騙し、陥れ、かかわった人のキャリアや人生そのものを根こそぎ崩壊させるダークなパワーがあるそうです。アメリカ人に多く、その数は25人に一人。アパート等の小さな集合住宅でも一人はいそうですね。まさにあなたの隣のサイコパス。

Title: The Sociopath Next Door
Author:
Martha Stout
Format: Paperback
Pages: 256 pages
Publisher:Harmony
Publication date: March 14, 2006

"Imagine-if you can- not having a conscience, none at all, no feelings of guilt or remorse no matter what you do, no limiting sense of concern for the well-being of strangers, friends, or even family members.  Imagine no struggles with shame, not a single one in your whole life, no matter what kind of selfish, lazy, harmful, or immoral action you had taken."


ソシオパス(サイコパス)被害、彼らの思考回路、行動理由、また彼らはどうして生まれるのか(幼少期のネグレクトや愛情不足からのattachment disorderやら遺伝などの生まれつきの要素とか)。

読み物としては面白かったのですが、まずソシオパス(サイコパス)の定義が曖昧すぎるような。。。ソシオパスもサイコパスも、時々”antisocial personality”でまとめてるし、例やリサーチも満足出来るものではなく、科学的な根拠は薄いように感じました。

シリアルキラー絡みで日本でも時々話題になるソシオパス(サイコパス)ですが、私の興味を引いたサイコパスは最近では断然木嶋佳苗です。私はリアルタイムで彼女の事件を知らず、比較的最近まとめて記事を読んだので、余計に興味深いです。彼女のブログも読めますからね。彼女のあまりの堂々ぶりに頭がクラクラします。もしかして冤罪か?とミジンコほどちらっとでも思わせるところが凄いです。

もう一人最近サイコパスではないかと話題になったのは小保方さんでしょうか。ただ私は小保方さんは殺人者ではないので、サイコパスだろうが何だろうが結構どうでもいいです。この本のテーマでも疑問に思うところはそこで、犯罪者でないサイコパスの分類に一体どれだけ意味があるのだろうかということ。

作者があげるサイコパステストみたいなものも、責任感がないとか社会通念に反しても罪悪感がないとか、人を操るとか、これって程度の差で誰でもあると思うんですよ。グレーゾーンの人も多そう。サイコパス=良心(Conscience)がないとし、それに対して「善良で良心のある私たちの防衛策は〜」みたいな流れもちょっと引っかかる。でももしかしてこれも「良心が欠片も無い人」というのを想像することすら怖いから、というだけの話かもしれないんですけどね。

ソシオパス(サイコパス)は、人々の良心や同情、罪悪感等を利用する。良心(Conscience)に話を進め、そもそも何を持って良心といい、この良心はどこから来たのかなどの展開は興味深かったです。


関連記事

Trackback

URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/968-e775a67f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii