Book No.35

Title: The Uncommon Reader
Author: Alan Bennett
Publisher: Farrar, Straus and Giroux(2007)
Hardcover: 128 pages

今月の7冊目の本です。先週に引き続き、今週も家庭の事情で全然読書に身が入らず。とりあえずって感じで読み終えた本。

*******
Pass the time?” said the Queen. “Books are not about passing the time. They’re about other lives. Other worlds. Far from wanting time to pass, Sir Kevin, one wishes one had more of it.”(pg29)--The Uncommon Reader

The Queen of Englandの、Queen Elizabeth IIは、ある日バッキンガム宮殿に毎週やってくるmobile library(移動図書館)を見つける。そこで宮殿の厨房で働くNorman と知り合いになり、彼からアドバイスを受けながら本を1冊、また1冊と借り始める。

Queenはすっかり読書の魅力に取り付かれてしまう。80歳近いQueenは、今まで読書をしなかったことを嘆き、なんと時間を無駄にしたのだろうと後悔し始める。Normanを厨房から自分の読書アドバイザーとして昇進させ、読むべき本をリストアップさせる。しかし読書に熱中するあまり、だんだん皇務がおろそかになり、側近たちが心配し始める。

Queenの秘書であるSir Kevinは、Normanを遠くの大学へ送り去らせ、Queenから引き離し、また皇務より読書に時間を割くQueenを、自分勝手だと咎める。"To read is to withdraw. To make oneself unavailable."だと。Queenは常にAvailableでなくてはならないのだ、国民のために。

読書の大切さを実感した上で、Queenは自分の立場からそれだけでは不十分であることを知る。Queenとは行動する人なのだ。それは当然のように、「読む行為」から「書く行為」への移転である。

**
短いけれど、とてもユーモアがあって満足感がもてる本。"All readers were equal,"本の前ではQueenも何も無い。しかし特殊な環境にあり、特殊な人生を送るQueenは、本を読む側と言うよりは、本の主人公側の人間なので、この辺がとても面白い。本を楽しみとして読む全ての人に。

My Rating: 3.5 out of 5
関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/97-fc22266c