220冊目 I Am Nujood, Age 10 and Divorced 10歳でバツイチに

10歳で離婚歴を持つことになった、イエメンの少女のお話です。

nujood.jpg


Title: I Am Nujood, Age 10 and Divorced
Author: Nujood Ali/Delphine Minoui
Publisher: Broadway Books
Publication date: March 2, 2010
Format: Paperback
Pages: 188 pages

Nujoodさん(現在は17歳)はイエメンの田舎の貧しい家庭に生まれました。きょうだいは16人。両親は文字が読めず、子供達の教育にもあまり熱心ではありません。男の子はできるだけ早く働き手となり、女の子は出来るだけ早く結婚する。これがNujoodさんの育った小さな世界です。

9歳の年に父親が結婚の取り決めをし、Nujoodさんは30代の男性の元へ無理矢理嫁がされます。

イエメンでは法律で結婚年齢が決まっておらず、また貧しさや生活環境の不安定さから、まだ少女のような年齢の娘を嫁がせることはあるらしいのですが、肉体的な接触は子供が成熟するまで待つことが暗黙の了解みたいなんですね。

ところがNujoodさんの結婚した相手はそんな忍耐も優しさも常識もない獣みたいな人で、10歳にもならない子を相手に、結婚後すぐに夫婦関係を強要する人でした。

少女にとって、毎晩が苦痛以外のなにものでもない拷問の日々で、一緒に住む義母や義姉に助けを求めますが、誰も助けてくれません。なんとか一時的に実家に帰ることが出来たNujoodさんは、今度は親に掛け合いますが、親も無視。「遅かれ早かれ時間の差。慣れるしかない」というのが基本姿勢。女性はみんなしていること、と。

Nujoodさんに救いの道を示したのは、父親の第二婦人である女性。彼女は大人の知恵でNujoodさんが助かる道が法廷にしかないと悟ったわけです。

ここからはNujoodさんの頑張りどころです。親の目すら盗み裁判所に向い、何がどう運ぶのか検討すらつかない中、とにかく一歩進みます。

体の小さいNujoodさんが離婚したいと訴える姿はインパクトがあったようです。周りの大人達がわりとすぐにNujoodさんを助けるため集まります。やり手の女性弁護士がNujoodさんの味方になってくれます。

さて、力強い話ではあるのですが、実際と本で訴えようとしていることに微妙な差があるように感じました。

例えば話題のマララさんは、お父さんも教育熱心な人で女子校を自ら経営している人ですから、そのもとで育ったマララさんは多弁で教養深く、訴える力を持っていますよね。賞などで話題になる前から、匿名でBBCにターリバーン批判記事を送ったりしていました。

こちらのNujoodさんはそういう感じではないのね。親も環境も教育を授けてはくれず、本人もまだ考えや声を持っていません。ただ嫌で嫌で子供の頑固さでとにかく逃げ切ったという印象。政治的主張とかではなく。

こちらの本も、代弁者がNujoodさんの話を元に物語を紡いだものだと思います。そのためか文章で時々引っかかります。女性が虐げられる社会で勇敢に戦う少女を描いたかと思うと、突然幼さを強調させたり。冷静に状況を把握し批判すら出来る一方で、「他の子達とお外で遊びたい」「チョコレートが食べたいな」みたいな子供の台詞が突然飛び出すからびっくりしちゃうのね。

もちろん、Nujoodさんが通り抜けた道は、他の誰にも出来なかったことで勇敢さは賞賛されるべきものです。またイエメンはアラビア諸国の中では比較的近代的でオープンなイメージがあったので、こういう話を聞けるのは貴重ですよね。田舎ではまだまだこのようなことが日常茶飯事で行われているわけです。イエメンの生活風景や文化を知ることが出来たのもよかったです。

オリジナルはフランス語です。英訳本+少女の言葉のため、英語はとても易しく読みやすいです。

関連記事

Trackback

URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/971-b34b1740
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii