過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by koburii on  | 

[映画] Mad Max Fury Road/マッド・マックス怒りのデスロード 意外とフェミニン

実は最近見た映画の中で、一番面白かったのがこれ。
マッドマックスシリーズファンだけでなく、マッドマックス初見でも楽しめると思う。ちなみにマックス役にメルギブソンは今回出演していません。

madmax.jpg


Mad Max Fury Road (2015)
監督
ジョージ・ミラー

2時間ぶっ通しのロードレースです。
逃げて逃げて逃げ切れるのか。
ポストアポカリプス映画の代表のようなマッドマックスシリーズ、30年ぶりの復活です。

砂漠と化し、緑も水もない世界。その世界を仕切るのは老いた醜いImmortan Joe。ジョーはWar Boysと呼ばれる青年集団を従え、唯一の水源を自分のコントロール下に置き人々を苦しめ恐怖で支配しているのね。



そこにImmortan Joeが奴隷状態で妻としている少女たち5人を連れ出し、故郷のグリーンランドまで逃げ出す計画をしているFuriosa(シャーリーズセロン)がいる。フュリオサは子供の頃にジョーの軍団に誘拐されてここで働いてるの。

フュリオサと5人の妻の逃走劇に流れから加わることになったマックス。といってもマックスはとても寡黙で台詞ほとんどないんだけど、でもいい味出してます。事実上、シャーリーズ・セロンがマックスの女版のような感じで、すっごくかっこいい!セロンに惚れたよわたしは。

男社会のジョーの世界と、5人の妻を従えて故郷の女性だけの軍団に戻ろうとするフュリオサ(&マックス)。砂漠の中で荒れ狂う逃走劇を展開しつつ、何気にフェミニンな作品なのが面白い。

しかしあんな汚れたきったない世界なのに、逃げ出すジョーの5人の妻たちがみんなヴォーグ誌に登場するスーパーモデル風でちょっとうける。でもビジュアル的にこだわりのある映画なのでこれでいいです。

最後まで息もつけないハラハラドキドキです。女だけのトラックを追う、クレイジーWar Boysの集団。それ以外にも砂漠は危険だらけだし、大丈夫かよお。マックスの出番は多くはないけど、マックスがいてよかった。とにかく面白いです。ちなみにWar Boysの一人でマックス側に寝返ることになる貧血ボーイは『アバウト・ア・ボーイ』のマーカスね。彼もいい感じです。

ラストもいい。理想的な終わり方。甘くなく、でもちゃんと納得のエンディングで、ちょっと切なく。痛そうなシーンはそんなにないので、荒い映画が苦手な人でも楽しめると思います。







関連記事

Category : 映画
Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/979-1dc1b504
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。