過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



[映画] Inside Out/インサイド・ヘッド 悲しみよこんにちは

これもトレイラーを映画館で見た時から楽しみにしていた映画。オープニングに早速行ってきました。

insideout.jpg


Inside Out (2015)

主人公のRiley(ライリー)は、一人っ子。お父さんとお母さんに大切にされながら、楽しくミネソタの田舎で暮らしています。
ある時お父さんの仕事でサンフランシスコへと引っ越すことになります。自然いっぱいのミネソタとは違い、慣れない都会に馴染めないライリー。

で、大筋のストーリーはなんとこれだけ!

物語の真髄は、ライリーの頭の中にあるのです。

ライリーの頭の中、ヘッドクウォーターで働く5人の感情達。
Joy(喜び) Sadness (哀しみ)Fear (恐れ不安)Disgust (嫌悪)Anger(怒り)。頭の中ではその他いろんなのがいて、記憶を捨てたり、整理したりと忙しくお仕事しているんだけど、本部でライリーの感情をコントロールしているのがこの5人なのね。



都会に引っ越すというそれだけの(でも子供にとっては大事件)流れの中で、頭の中は大騒ぎ。そんな中でJoyと Sadness がコアメモリーを巡って本部から飛び出してしまうの。そこは長期記憶が保存されたり、潜在意識の場所。コアメモリーを持って本部に戻らないと、ライリーの人格は失われてしまうからさあ大変。

映画の中の登場人物はみんな頭の中に5人の感情がいるのね。ライリーは常にJoyがリーダーだけど、性格や状況によって誰がリーダーか変わるのね。短期なお父さんはAngerがリーダーで、思慮深いのお母さんは Sadness がリーダー。私はどれかというとFearかなあ。

ライリーの頭の中のリーダーJoyは、ライリーの明るく前向きな性格にとても大切な存在なのだけれど、どんな状況もポジティブに前向きに!なんてやっぱり無理なわけで。悲しい時は悲しみ、怒る時は怒ることがやっぱり大切なの。ポジティブシンキングが全てじゃない。悲しみや憂いを通して人は大人になる。悲しみよこんにちは。

記憶に関する話がいろいろ出て来て、むしろ大人がジワジワ来る映画ではないでしょうか。お子様はどこまで楽しめるかな。あまり小さい子には分らないかも。

泣けます。泣きました。笑えます。笑いました。ジーンときました。私の頭の中にも5人の感情が応援してくれていると思うと楽しいです。私のJoyは、一緒にお茶しながらまったりしているのかしら。とても面白い発想の映画だと思います。おすすめです。

ところでライリーの桃色ゾウさん。ちなみ私にも子供の頃イマジナリーフレンドがいて、名前はあさとくんという赤毛の半ピエロ人間でした。




関連記事


トラックバック

トラックバック URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/980-87f20cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)