Harvard Art MuseumとNatural History

今月最初の週はまたボストンへ。
久しぶりなのでハーバードの美術館へ。小さいけれど見応えのある美術館です。

古巣のビーコンヒルでブランチ。
まだ紅葉ってほどではなかった。
unnamed-3_201510131046591d7.jpg

チャールズストリートにあるここのバナナ・キャラメル・フレンチトーストはとろける美味しさでよく通ったお店。バターとキャラメルの溶け具合が絶妙。
unnamed-1_201510131047010ba.jpg


ビーコンヒルからハーバードまでは電車ですぐです(車で行くと橋が必ず混むのでお勧めしない)。
frtderty.jpg

dretyui.jpg
以前は12ドルだった入館料が、15ドルに上がっていた.
でもゴッホ、セザンヌ、ルノアール、モネ、ドガと、有名印象派のセンスの良い小作品がたくさんあり、見応えがあります。こじんまりした美術館のわりには、3階まであり思ったより時間がかかるので、1階にあるカフェで休憩を入れながらゆっくりまわるといいと思います。
unnamed-4_2015101310563033a.jpg

unnamed_20151013111536ed3.jpg

unnamed-fr1.jpg

続いてナチュラルヒストリーミュージアム。
ここはあまり楽しいところでもないのですが、大学の研究素材なんかも保管されています。
水晶のコーナーにはボランティアの方がいて、付きっきりでいろいろ説明してくれました。石や水晶やミネラルの単語ってあまり聞かないので勉強になりました、
unnamed-349.jpg

unnamed-3448900.jpg
進化過程。ネズミかうさぎかワラビーか。

ところでハーバードスクエアでたくさんの制服を着た日本の中学生(高校生?)を見かけました。先生もいたので修学旅行でしょうか。ここでヴィジョンを描いて将来は、、、なんて子もいるのかな?

関連記事

Trackback

URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/988-2a996844
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii