過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



2泊3日でケープコッドとナンタケットへ。

メモリアルデーは2泊3日でケープコッド&ナンタケットに旅行してきました。
しかし休暇前に仕上げるはずだった内職が終わらず、前日寝たのがなんと4時。普段はたっぷり9時間くらい寝てるくせに。根っからの怠け者で無計画人間だから時々こういう痛い目にあう。

DSC02660 copy

DSC02641 copy
しょぼしょぼの目に眩しい青い空と海。
ケープコッドは3度目、ナンタケットは初めて。
ケープコッドはメイフラワー号に乗ったピルグリム・ファーザーズが最初に降り立った地で、今のアメリカが出来上がる本当に最初のステップになった場所です。今ではボストン〜ニューヨークエリアの方が好んで訪れる夏の避暑地ですね。ボストンからは車で1時間半くらいです。
天気もよく、気温も高そうなので水着を持って行って来ました。

022 copy 021 copy
まずブランチ。テラス席が感じのいいオーガニックのレストランへ。

0000_201505270420073d0.jpg
そして早速ビーチへ!
水がとても綺麗。白砂のビーチも綺麗。
でもやっぱりビーチはナンタケットの方がさらに綺麗でした。
街中はアイスやクレープなどの可愛いお店も多くてお茶にも困らない。

DSC02630.jpg 010 copy h.jpg

DSC02634 copy DSC02633 copy
チェックイン。
宿はケープコッドのフェリー乗り場から歩いて数分のモーテル。
よくある部屋の目の前に車をとめとくタイプのものです。
一泊150ドル。屋外プールと室内プール付き。
フェリー近くに駐車場を探す必要もないし、出発直前まで寝ていられた。
ナンタケットのホテルに泊まろうとすると、今の時期でも倍以上しますし、ナンタケットは観光だけならケープコッド内のホテルで十分だと思う。
広々していて明るくて快適なんだけど、構造的に心配なのでトップフロアの角部屋にしてもらった。おかげでとても静かで快適だった。

夕方港を散歩して、ケープコッドのダウンタウンエリアへ。7時前には夕食。
d.jpg

f.jpg n.jpg

g.jpg t.jpg
メインストリート、JFKミュージアム近くの人気のイタリアンへ。
どれももちろん美味しく、胃にもたれない上、
サラダ、ディッシュ2皿、釜焼きピザ、デザート、コーヒー、そしてワインをボトルで頼んだのに、びっくりするほど安かった(60ドル)。予約は取らず、ウェイティングリストなので早めに行った方がいいかも。お薦め。

港のバーでさらにカクテルを飲み、宿に戻り、倒れるように寝る。昨晩ほとんど寝ていないので泥のように眠る。朝7時半にぱっちり目覚めた。

DSC02652 copy
フェリー。朝の便は比較的どれも空いている。

DSC02657 copy
フェリーに乗り込み、モーニングコーヒーでも飲みながらまったり揺られていると
ちょうど1時間でナンタケット島に着きます。

DSC026643copy.jpg
最初に目につく灯台です。
ちいさくてとても可愛らしいー。

ナンタケット島は後半で。








夏の。

近々また行くことになりそうなので、その前に放置していた夏のべガス旅行(&グランドキャニオン)の覚え書きを。

まずホテル。
宿泊先はベネチアン・ホテル

1.jpg 3_20150130132729d51.jpg 4.jpg

プールが凄かった。大きいプール3つ。スパと噴水のこじんまりした隠れ家プールも別棟にあり。昼過ぎに行くと混むし、ウェイトレスが少な過ぎてわざわざカクテルはビーチバーまで買いに行かなければならない。午前中はガラガラで、スタッフのサービスも良し。フカフカのタオルもどっさりくれるので快適。夫は朝から集まりでいないので、コーヒーと本を持って午前中はここでのんびり過ごしていた。ランチもほぼ毎日プールサイドのレストランで。
5.jpg 6.jpg 16_20150130141117bfa.jpg 9.jpg

ベネチアンホテル内に流れるフェイク運河とゴンドラ。
お店とレストランがたくさんあって便利。
7_201501301329265ee.jpg 8.jpg

部屋。
リビングエリアとダイニングエリア。
10.jpg 11.jpg
寝室エリアとオフィススペース。
12.jpg 13.jpg
パウダールームとシャワールーム。
14_2015013013303268b.jpg 15_2015013013303418a.jpg

部屋は広々して使いやすく、騒音も無く快適だった。
でも派手目のホテルなので、部屋によっては大騒ぎしているグループもいた。
部屋にコーヒーメーカーがないので、いちいちルームサービスを取るか(時間がかかる)、1階のカフェまで買いに行かなければならない。2時間置きにコーヒーを飲む私には不便です。

(続く)



秋のコンコードと若草物語のオーチャードハウスへ

先日、昨年行きそびれた秋のコンコードへ行ってきました。
「若草物語」の舞台となるオルコットの家を始め、エマーソンやホーソーン、ソローの小屋などもあった場所です。

ボストンから車でも30分程度ですが、平日一人でプラプラ観光するのにはちょうど良い距離なので、列車で出かけました。列車と徒歩だけで行動できるので、ボストンに観光で来た方にもおすすめです。
unnamed_201410110940288e2.jpg
ボストンのノースステーションからコミューターレイルのFitchburg行きの列車に乗り40分で到着です。片道8ドル50セント、窓口で往復で購入されるとよいと思います。駅でコーヒーを買って乗り込む。
DSC02425.jpg
すばらしい晴天、穏やかな気温。コンコードは高級住宅街が並び、緑も多く素敵な町。散歩がてら歩くのに最高です。住みたい。

早速オルコットの家、オーチャードハウスに向かいます。駅から歩いて25分くらいでしょうか。大通りを通って行くのでわかりやすいです。
DSC02434.jpg
DSC02437.jpg
オーチャードハウス。オルコット一家が住んだのは1858年から1877年まで。若草物語の出版は1868年ですので、まさにこの家から生まれました。建物もほぼオリジナルな状態で残され、内部の家具や調度品もほとんどがオルコット一家の所有物。つまりアメリカを代表する女流作家のルーツとともに、1800年代のニューイングランドの暮らし博物館にもなっているところが凄い。

ちなみにツアーガイドのみです(10ドル)。ある程度人数が集まると、他のツアーと被らないように集合がかかります。この日は一人で来ていたのは私くらいで、グループが何組かとフランス人の団体さんが。私のガイドさんは17年も働いているベテランの方で、オルコット家の家庭内事情から小話、当時の様子や19世紀の思想や流行まで本当にいろんな話をしてくれてとても良かった。40分くらいあったでしょうか。

キッチン、パーラー、リビング、娘たちの部屋、書斎と歩くごとに、まるで本の中を旅しているような感覚に陥ります。エイミーのモデルとなった末娘メイの絵が、部屋中に飾られているのね。窓枠にも彼女の残した絵があったりとても暖かい気分になった。そうそうあの「衣装箱」もそのままあるんですよ。娘たちが階段を降りる足音や、パーラーに集まった名士たちの語らいが聴こえてきそう。

*内部は撮影禁止なので下4枚はお借り画像です*
alcott2.jpg alcott4.jpg
alcott3.jpg alcott.jpg

父であるブロンソン・オルコットが設置してくれたというオルコットの書き物机がこじんまりしていて驚く。同時に感動に襲われる。ここであの世界の名作が生まれたとは。

オーチャードハウスの外には、お父さんが生涯情熱を注いだ「哲学の小屋」があります。
DSC02443.jpg

父であるブロンソンは、人間的にとても立派な人だったようです。エマーソン、ソローと同じようにトランセンデンタリズム(超越主義)思想の一人で、個人の中にある良心や善を信じ、引いては全ての子供の持って生まれた清らかさや賢さを大切にする教育を支持しました。それは黒人の子供や女性にも十分な教育を与える必要性や、座り心地の良い椅子や快適な教室など、勉強環境も重視しました。当時の、白人の男の子を中心に与えられた厳しいだけの教育とはまったく違ったものです。そのため反発にもあったし、ブロンソン氏は生涯、金銭的に苦労し続けます。

オルコット一家は名士ではあるけれども常に貧乏で、その為子供たちもお母さんも苦労し、常に働き、家計を支えてきました。けれどもルイーザを含め、家族はそんなお父さんを心から尊敬し、愛していたことが伺えます。

ルイーザの「若草物語」は、出版と同時に大ヒットしました。このルイーザの成功のおかげで、オルコット一家は始めて経済的に安定したのです。しかしルイーザの思考はお父さんから受け継がれたものであり、それは理想主義かもしれませんが、博愛と平等と家族愛に溢れ、若草物語がこれほど長く何世代にも渡り愛され続けた理由でもあります。人間を支えているのはお金ではなく、良心と教育と家族なのだという普遍的なメッセージを、これほど楽しく、暖かく伝えている物語は他になく、それはオルコット一家そのものだった言えるでしょう。

オーチャードハウスから歩いてすぐの距離に、コンコードミュージアムとエマーソンの家があります。
コンコードミュージアムにも寄りました。
DSC02449.jpg
エマーソンのスタディルームの復元、19世紀のコンコードでの暮らしが伺える博物館です。当時流行ったという子供向けのマグカップのコレクション。お土産に欲しかった。

ミュージアムの後でランチ。メインストリートにはコテージやレストランが多くランチには困りません。本屋やカフェや画廊なども並んでいてゆっくり出来ます。
20141009.jpg DSC02424.jpg

その後は「スリーピーホロウの墓場」へ。
こちらにはオルコットファミリーやエマーソン、ソローのお墓があります。
DSC02457.jpg DSC02456.jpg

お墓を過ぎ、エマーソンの牧師館を見にMinute Man National Historical Parkへ。紅葉が始まって綺麗でした。これから今月いっぱい見ごろではないでしょうか。ここへもメインストリートから20分程度とちょうど良い歩行距離。

こちらのOld Manseはエマーソンの他、ホーソーンなども滞在した館。コンコードリバーと緑に囲まれて、歴史的なノースブリッジを眺めながら、ここで哲学的思想に耽った19世紀の偉人達を想像するのもよし、何も考えずにボ〜っとするのも良し(←私)。
DSC02461.jpg
DSC02467.jpg
DSC02476.jpg
本当はソローの小屋のあった湖にも行きたかったのですが、そこは車がないと難しい感じです。歩けない距離ではないのだけれど。。

でもまあ雲ひとつない見事な秋晴れに恵まれて、半日の楽しい小旅行でした。


ケープコッド

CIMG2114.jpg

天気もよく暖かい週末、ケープコッドに行ってきました。

引越しが落ち着いたらすっかり秋で、今年は行くチャンスを逃したケープコッドとナンタケット。ニューヨークの時から気になっていた場所なので、来年の夏はぜひ!ということで、この日は下見に出かけた。ピルグリムたちが最初にメイフラワーでたどり着いた地で、今は人気のリゾート地。

ボストンからは車で1時間ちょっと。すごく近かった。ナンタケットへ行くフェリー乗り場まで1時間半、そこからフェリーの時間を入れても、日帰りで大丈夫そう。ナンタケットに行かないまでも、ケープコッドなら本当にすぐだったし、可愛らしい町もたくさんあるので、来年はぜひ何度か訪れようと思う。

CIMG2088.jpg CIMG2107.jpg
ケープコッドの有名な柵と海と白い砂と、兜蟹の死骸。
海が綺麗で気持ちよかった。しばらく砂浜で無邪気に遊んだ。
ビーチチェアと本でも持ってきてのんびりしたいわ。

CIMG2079.jpg keltic-kitchen.jpg
評判のケルティック・キッチンへ。この日も20分待ち。
アイリッシュブレックファーストで有名。夏はもっと混みそう。
美味しかったけど完食する前にお腹がはち切れそうに。

CIMG2120.jpg CIMG2119.jpg
可愛らしいコテージやらサマーハウスがたくさんあったけど、10月の今はクローズしている所が多い。がんがん泳ぐ気なら泊まってもいいけど、この辺は夏でも水が冷たそうだなあ。どうなんだろう。

海でちょっと遊んで、ダウンタウンに出て食事&ショッピングって感じなら、日帰りで十分かね。しかしケープ・コッドというくらいだから、タラ料理の店がたくさんあるのかと思ったけど、ClamやLobsterの看板ばかり目立った。

夏が楽しみだけど、やはり混むのだろうか。




続き。

メープル旅行の続き。
肝心の紅葉の写真を貼ってなかった。

宿泊先は、今回もまた無料でマリオットのコートヤード。
マリオットホテルのランクを落としたモーテル版で、
主にアメリカ郊外にあり、安くて広くて気軽に使える宿。
CIMG1322_20131021222804fb0.jpg

CIMG1319.jpg CIMG1345.jpg
部屋は広々。使わなかったけどキッチンもでかい。
マリオットの回し者みたいだけど、マリオットはポイントを貯めやすいので
このクラスのホテルなら何泊も無料で泊まれますよ。
CIMG1342nki.jpg CIMG1343 copy
もちろん朝食付き。ヨーグルト、フルーツ、
卵、ソーセージ、コーンフレーク、ワッフルなど食べ放題。
お土産で買ったヴァーモントのメープルシロップを部屋から持参した。

で、ホワイトマウンテンの紅葉。
CIMG1572.jpg

CIMG1429_20131021224139347.jpg

CIMG1390.jpg CIMG1466.jpg

CIMG1524.jpg

CIMG1550.jpg
スキー場もたくさんあって、ロマンチックそうなので
バレンタインにスキーで来ようと盛り上がる。

家に着くと、夫が早速ロッジ風のホテルを検索して
予約を入れようとするも、目星いホテルは
予約でいっぱい。
旅行ってみんな前々から計画しているのね。




メープルの旅

旅のテーマは、ニューイングランドで紅葉を見て、
紅葉といえばメープルなのでメープルシロップでパンケーキを食べ、
メープルシロップを買って帰る、というもの。
行ったのは10月最初の週末です。

天気が悪く、ずっと曇り。
一瞬の晴れ間でわかる、この色の差。
CIMG1014.jpg CIMG1022.jpg
それでも色とりどりで綺麗でした。
絵本に出てきそうな景色。
CIMG1078.jpg

早速パンケーキ屋へ向う。ここはパンケーキで有名なお店
ボストンから車で北へ2時間。ホワイトマウンテンへ向う。
CIMG1108.jpg CIMG1102.jpg
みんな考えることは同じらしく、ぶち込み。
我等も最初は相席だった。でもみんな観光客なので会話も弾み楽しい。
CIMG1116.jpg
パンケーキセットが面白い。メープルシロップはもちろん、
メープルバター、メープルシュガーがついてきて、
他にもメープルペッパー、メープルスパイスとメープル尽くし。
CIMG1111.jpg CIMG1112.jpg
パンケーキはフワフワで興奮した。
サイズは小さめと王道。
手のひらサイズのパンケーキを数枚重ねる基本形。
私は大きいのがべろ〜んと1枚とか許せないのだ。
で、6種類あり、おかわりが前提。
帰りはしっかりこちらのパンケーキ粉とメープルシロップを買いました。
クリスマスくらいから春まではクローズだそうです。
また秋は本当に混んでいるので、電話で予約を入れるといいと思う。
CIMG1597_201310172202041a3.jpg

旅の目的はほぼ終了。あとはもっとメープルシロップを買うだけ。
せっかくホワイトマウンテンにいるので、少し遊ぶ。
蒸気機関車に乗る。
古いものなので期間限定で秋の紅葉時期だけ走っているみたい。
CIMG1215.jpg CIMG1185.jpg
車両も古いもので雰囲気が良かった。
CIMG1234.jpg

夕食は紅葉が見える見晴らしの良さそうなレストランで
CIMG1306.jpg
スープ、サラダ、ラビオリ、ホタテ(私)、ロブスターとホタテ(夫)を頼み、
口直しのシャーベットとデザート、コーヒーなどは全てサービスで頂けます。
ワイン1杯ずつ頼んで、かなりリーズナブルだった。
CIMG1311.jpg CIMG1313.jpg
山の上のホテルで白いテーブルクロス。
窓が3面の席なので景色も最高でした。
CIMG1298.jpg
レストランからもこの景色が見える。
ウェイターもすごくフレンドリーですし、お近くへご旅行の方は試してみて。
窓の席は予約時に指定した方がいいと思う。

CIMG1252.jpg
帰りにメープルシロップを大量に買う。
おすすめの店Zeb's。ここでは楽しくていろいろ買ってしまった。



目的達成。この後ホテルへ向います。
もちろんいつものように、ポイントで無料のマリオットホテルへ。

続く


曇り女と紅葉

週末は先週のリベンジでまたニューハンプシャーまで。
車で1時間ちょっとのドライブ。

そしたらまた曇りだった。

出かける前とレストランで食事の間とかは晴れてたのに、曇り女過ぎる。

CIMG1789.jpg CIMG1771.jpg

今回もメープルシロップが美味しいというパンケーキ屋へMaple Barn Restaurant
ここはショップも充実してたよ。
CIMG1742.jpg CIMG1733.jpg

CIMG1739.jpg

お土産。
メープルコーヒーと、メープルのグレイズド・ドーナツと、メープルケーキ。
メープルキャンディも追加した。
CIMG1797.jpg CIMG1745.jpg
コーヒーは試飲して美味しかったし、ディカフェがあったので二袋購入。
メープルの香りが素晴らしくてたまらなく秋の味がします。



8月が終わると年末まであっという間

夏が終わると年末まであっと言う間に過ぎ去ってしまう。本当に早い。

どうやら今年も一瞬で過ぎ去っていくようだ。こんな感じで気がつけば老人になっているのだろうか。何事もなかったように四十になっていたけど、五十、六十も同じなのかな。

まあ外見がおばさんになるのは全然構わない。でも気持ちがおばさんになるのは嫌だ。好奇心がなくなるのが死ぬほど怖い。最近は読書熱も薄れて来ていて、真面目に老化現象が始まっているのかもしれない。

今年は夏前から移動生活に入っていて、まことに落ち着きのない長い夏でした。

旅行はマイアミにちょっと。マイアミは2度目。でもこれが最悪だった。

DSCF2892.jpg
DSCF2908.jpg

最悪の原因がこちら。(写真はこれが最後になっている)
201309071402150e4s_201311051115546f9.png
後ろに写っている半日の釣り船。
この後、船酔い地獄に襲われます。

そもそも自律神経がおかしくて乗り物に酔いやすい体質なのに、
マイアミまで飛行機で飛んで、キーウェストまで4時間以上かけて車で行って、
そのあと半日ボートで揺られるという、ありえないハリキリぶり。アホかと。

このあとホテルでも寝込み、当然ビーチも楽しめず、帰りの飛行機も気持ち悪く、
自宅に戻ってもしばらく絶不調で寝てばかり。
夫は新しい仕事に追われながら、私の心配やら看病から家事やらで大忙し。かわいそうに。

ちなみにビーチはヌーディストビーチで、0.5%くらいがおっぱいバーン。
まあ女性はいいんだけど、ヨットの上ではパンツを履いていない若い男の子たちが。あれもいいのかしら。


こちらは先週。最後のブルーベリー狩り。
今年は5回は行ったかな。最後の最後まで粘った。

CIMG0288 copy

こちらは先日近所のヨットハーバーで。
もう当分、舟はいいです。
CIMG0397.jpg CIMG0395.jpg

今週、来週半ばまでこっちで過ごし、来週末からまた元の古巣に戻る予定。

当分あっちとこっち半々の移動生活が続きます。





移動生活中

しばらくの間ですが、夫が仕事の拠点を変えることに。
それまでの間またまた移動生活となる。

先月からずっと続いている移動生活ですが、
今は本格的に荷物を抱えて、1週間ごとの宿変え。現在3カ所目。
最初は段ボールに入れて郵送しようかと思ったけど、
やっぱり持ち歩く方が安いし安全。
なので大方の荷物をまたまた処分してきました。

何度か書いてますが、私は自分の全荷物がスーツケース1個で
収まるほど、そもそも物の少ない女なのだ。
全シーズンの服、靴、鞄、本、化粧品、小物、実家もないので
過去の品や写真、全てひっくるめて、スーツケース1個で余裕で収まる。
引越しばかりの生活が15年も続いたための処世術みたいなもので、
今流行の断捨離とはちょっと違うんだけれども。

いつものように溜まっているカードやホテルのポイントで
無料で宿泊出来る宿を渡り歩いてます。

で、最初の宿。マリオット系。こちらに1週間。
CIMG030033.jpg
CIMG-02-0034.jpg
ありがたいことにキッチン付きなので、完全自炊した。
しかしマリオットは本当にリワードが使えます!
ホテルに泊まる機会が多い方は、断然マリオットでポイント
を溜めましょう。
場所さえ選ばなければ、夏の旅行のホテル代が浮きます。

次の宿。
CIMG0206_20130801043552b61.jpg
CIMG0205.jpg
CIMG0229.jpg
こちらは部屋もよく、プールも大きく、きちんとしたホテルって感じですが
キッチン無しなので、食費で高く付いてしまった。
でもタラのオーブン焼きとかとても美味しかった。

現在三カ所目の宿。
キッチン無しですが、冷蔵庫とレンジだけはあるので自炊してます。

うちは夫が白米を嫌がるので、玄米とか雑穀米が多いのですが
最近はレンジで簡単に玄米が作れ、非常に便利。
CIMG0231.jpg CIMG0232.jpg
左はまさにレンジでチンするだけの、アメリカ版「サトウのご飯」。
右はタッパーに米と水を入れ、かき混ぜながら30分くらいかけて炊くもの。
こんな感じ。
CIMG0233_20130801060226cdb.jpg
おかずも、生の魚を買ってきて、塩胡椒して、玉ねぎのスライスなど乗せ、
タッパーで様子を見ながらチンをし、レモンでも絞れば結構美味しく食べられます。
ブロッコリーや、ビーンズ、インゲンなどを毎日チンしてます。
他にチーズや生野菜でサラダを作り添えれば、レンジだけでも安く夕食が出来る。
CIMG0234_20130801060227625.jpg

ホテルは全部プール付きなので、夫が忙しく動き回る間、
私は優雅にプールサイドで読書・・・といきたいところですが
いろいろ気にかかることが多くてまったくそんな気分ではなかった。
休暇ではないので仕方ないのだけれど、勿体なかったな。

定期的にしていたことはブルーベリー狩り。
シーズンですので。
CIMG010044.jpg CIMG020049.jpg
バケツに半分とか摘んでも、3ドルとかなんですよ。
もうね。大好きなのでこれでお腹いっぱいにしていた。
CIMG0085.jpg
パイとかジャムとかささっと作ってくれる奥さんが欲しいと思う専業主婦。

落ち着けるのはまだもうちょっと先ですが、
一番気がかりな事が何とかなりそうなので、もの凄くほっとしている。

まだまだ気が抜けないけど、とりあえず感謝、感謝の毎日です。







ボストン(Day4 & Day5)オイスターと帰路

4泊5日の、ニューヨークからボストンへひとり旅行。

4日目の続きと最終日の記録を一気に。

魔女狩りの地、セイラム観光した後、夕方にはボストン市内に戻ります。

CIMG7625 copy CIMG7098 copy
町を少しブラブラした後、Union Oyster Houseの前を通ったので、
ここで早めの夕飯を。
CIMG7626 copy

まずビールを注文し、あとはひたすらオイスターを頂く。
半ダース&他のディッシュを注文しようかと迷うが、面倒なので
オイスターのみ、ダースで注文。
しかしさすがに途中で飽きてきて、クラムチャウダー追加。
オイスター半ダースと、クラムチャウダーで十分でした。

CIMG7627 copy CIMG7631 copy
CIMG7628 copy

まだ明るい時間ですが、部屋でゆっくりセイラムで買った本が読みたいので
早めにホテルへ。お風呂に入ったら、あとはまるまる読書タイム。幸せ。
CIMG7152 copy

翌日は最終日。最後くらいは早起きしたくて早めに寝ました。

***

さて。5日目、最終日です。

お昼の電車なので、観光の時間はありません。

ボストンコモンの朝の最後の散歩だけでも。
朝食は軽くカップケーキとコーヒー。

CIMG7774 copy

CIMG7776 copy

CIMG7773 copy CIMG7775 copy

肝心な人を載せ忘れていました。
サミュエル・アダムスさんです。

CIMG7779a copy CIMG7779c copy
銅像とお墓です。
これは何時見たのだっけ。
もう3ヶ月も経っているので、既に記憶がごちゃごちゃになってます・・

CIMG7779 copy 201209301221333f7_20121001141112.jpg

CIMG7780 copy

散歩を終えてホテルに戻り、預けていたバックパックを受け取り、
最後にもう一度、お昼用のクラムチャウダーを買ってアムトラックへ。
アムトラックでも飲んでますね。旅の時間は夢の時間ということで。

5時前にはニューヨーク着。ペンステーションに着く。
出張で西海岸から戻ったばかりであろう夫を呼び出す。

一人旅はたまにしたくなるけど、やはり相方同伴の方が便利は便利だなあと
実感する時でもある。

でも今度は一人で冬のロッジに籠りたいものだ。

出来れば2週間くらい。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ